今やカードローンは誰でも手軽に、専業主婦であっても利用できるようになってきました。

このカードローンは、ちょっとお金が足りないという時に小額借りるのには便利ですが、ある程度まとまった金額を借りる時には、きちんと返済のシュミレーションをしてみることが大事であり、そうすることで借りる金額と返済額のバランスを保つことが出来ます。しかし、カードローンにはカードローンならではの、落とし穴もあるので注意が必要です。

カードローンならではの落とし穴

カードローンには限度額が設けてありますが、借りる時は簡単にATMからお金が出てきますので、まるで自分の口座から引き出しているような感覚に陥ることがあります。

そして気がつけば限度額いっぱいまで借入れをしてしまい、返済が出来なくなるということもあります。そして、返済が一定期間滞ると、個人信用情報機関に登録されている、利用者の信用情報にある返済状況の欄に延滞情報が記載されます。そしてその記載された内容は、完済後も一定年数は消えることがなく、記載内容が消えるまでは、利用者本人の信用もなくなります。

そうなれば、住宅ローンや教育ローンを考えたときに審査に通らない等になりかねません。

落とし穴の先には何があるか

延滞しているが払えない利用者は、また違う業者でカードを作ろうとします。

しかし、延滞して信用情報に延滞情報が載ってしまった場合は次にカードを作ろうと思っても無理なのです。それは、カードローンを取り扱う全ての業者に「利用者には信用がない」という情報が登録されているからです。そして、延滞が長引けばその分信用情報の回復も遅くなります。

お金が返せないとなると、そのことで頭がいっぱいになり、日常生活もままならなくなってしまう事もあり、最悪な結果を招いてしまう場合もあります。ではどうするのか、返済能力がなくなり自分の力ではどうすることも出来なくなれば、専門家の力を借りるしかありません。

返済が滞る前に早めに相談しておけば、信用情報に傷がつくことを防ぐことが出来るかもしれません。

専門家の力を借りて完済への道を見つけましょう

延滞がある程度続くと、貸金業者から督促があります。

精神的にもかなり負担になるその督促を、弁護士、司法書士等の専門家に相談し、依頼することによって止めることが出来ます。自分の借金額と返済金額の折り合いがつき、債務整理・任意整理、または自己破産という方法で借金返済の道が見え、弁護士や司法書士にそれを依頼した場合、依頼された弁護士等はすぐに貸金業者に依頼を受けた旨の通知を出します。

これによって督促が止まるのです。弁護士や司法書士に依頼することにより精神的な負担も軽減し、返済方法も見つけることができ、完済へと導いてくれることでしょう。

まとめ

誰も好き好んで借金するわけではありません。しかし、カードという手軽さゆえに気持ちが緩み、その緩みが日常化してしまうということがあるかもしれません。今一度カードローンの持つ落とし穴について考えて、今までの自分をもう一度振り返ってみてはいかがでしょうか。