カードローンの審査はブラックリストに入ると厳しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンには審査が付き物ですが、カードローンの利用条件はどれも一様に年齢条件と安定収入だけになっており、審査基準があいまいなため、審査に通るかどうかを自分で想像することができません。同じような年収、同じような経歴なのに審査に通る人もいれば、落ちる人もいます。

また、各金融業者で審査基準が違うため、あるカードローンの審査に落ちた人が違うカードローンに申し込んだら借入ができたということも珍しくありません。

ただ一つ、どこの金融業者でも絶対に審査に通さないことがあります。それは、「ブラックリスト」の存在です。

ブラックリストという言葉は知っていても、それがどういうものなのかを把握している人はそんなに多くはいません。ブラックリストという言葉から、何か良くない過去の履歴が記載されているノートと言うものを連想させますが、そのような特別なノートがあるわけではなく、一般的に指定信用情報機関に登録されている事故情報の記録のことをブラックリストと呼ばれています。

現在は貸金業法によってすべての貸金業者は国が指定した信用情報機関に加入することが義務付けられており、カードローンを利用している人の個人情報から契約情報、借入・返済状況など、すべての信用情報が指定信用情報機関に集約されています。そして、その中の返済における事故情報がブラックリストです。

貸金業者はカードローンの申込を受けた時には必ず指定信用情報機関に申込者の信用情報を照会することが義務付けられていることから、申込者にブラックリストがあると審査からオミットされ、借入を認められることが無くなります。

ところで、カードローンにおける事故情報には主に「延滞」、「債務整理」、「強制解約」などがあります。

中でも延滞が一番多くなっており、返済期日までに借入金を支払わなかった事故のことです。当然、返済が行われるまで当該業者からの借入はできなくなります。

ただ、指定信用情報機関に事故情報として登録されるのは3ヶ月以上の延滞が続いた場合であり、1~2ヶ月の延滞で履歴が残ることはありません。なお、延滞は返済が行われた時点で解消されますが、延滞の記録は5年間保管されます。

債務整理と言うのは自己破産や個人再生など、借入金の全額返済ができなくなり、返済の免除や減額手続きをした場合に事故情報として登録されます。一方、強制解約と言うのは利用者の違反行為など、何らかの理由によって契約が強制的に解除された情報のことです。これらの情報も5年間保管されますが、5年を経ると自動的に消去されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>